上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後から阿蘇へ出かけた。  夕方6時頃のこと、森の方から「カタカタ・・・」と透き通るような鳴き声が聞こえた。  何の音だろう???と耳を澄ましていると近くの人がそっと、あの澄んだ音はヒグラシ蝉の声ですよ・・・と教えてくれた。  何と切ないような綺麗な声なんだろうと思えた。  真夏の暑い頃は出て来ませんが暑さも収まり秋の足音と一緒にヒグラシ蝉が森にいるのです、、と話された。
子供の頃、ヒグラシ蝉が鳴くと自宅へ帰る時間だと感じていたそうだ。 今まで耳に聴いた鳴き声と少し違い、素敵な音色に阿蘇の秋を感じた。  自然からのプレゼント、素敵な夕暮れのひと時だった。 
スポンサーサイト
20070830191315
切手を買いに行った店先で見つけたおもしろいチラシだ。  平成18年8月1日?平成19年7月31日に抽選されたハズレ券を対象に「お楽しみ抽選」をします、というチラシだった。   時効当選金ゼロを願って宝くじの日と銘打ったものだ。   ハズレ券で素敵な賞品が当るお楽しみ抽選があると何とも親切である。   お楽しみ賞品5品目の中から1つもらえるようだ。   電子辞書、体脂肪計ヘルスメーター、フットマッサージ、多機能ライト、スティック型クリーナー、素敵な賞品だ。  宝くじ当っても知らないで交換しない人が結構おおいのだろうなぁ。。  9月2日、テレビ特別番組で抽選があると書いてあった。  我が家にも何枚か神棚に置いたままの宝くじがあるのでこの際確認してみる楽しみが出来た。
手元の宝くじ券をもう一度調べてみよう・・・ 
20070829172502
宇城市のウイング松橋で台湾の舞踊団のステージがあった。 熊本後援、 宇城市、教育委員会、ロータリークラブ、などの主催によるものだった。 台湾で鳥と水の舞踊団として2002年に身体不自由者、視覚障害者、成長障害症者で構成されていると話された。 大人なのに身長100センチ位の人、 片足だけの人、 片方の腕だけの人、 目が見えない人、耳が聞こえない人。。。 考えられない位の障害を持ちながらもお互いを助け合って楽しく踊っている姿は感動だった。   舞踊の喜びと実践を通して団員さんたちは困難を恐れず、いかなる時も勇気を持って困難に立ち向かい苦難を打ち破り、生命力を身体全体で表現していた。  命の尊さ、愛、人間の芯の強さ、 大きな勇気をもらった。 素晴らしいひと時だった。
今日は、素敵な体験をさせて頂いた。  ジャストでお馴染みの『清らかな音色』さんのクアイチャイム体験演奏会が開催され運良く私も参加することが出来た。 今日が初めてのクリスタルボール体験とクアイチャイム体験だった。  クリスタルボールの響きで身体の振動と共鳴することの体感ができた。 心地よいクリスタルボールの響き、身体が軽くなっていくようだった。  身体全体がリラックスし、クアイチャイムのリズム練習となった。  初めてみる楽器、何十年ぶりかでみる楽譜??  緊張するもまた楽しいひと時だった。   清らかな音色さんの優しい人柄にふれ、素敵な楽器との出会い素晴らしい一日体験だった。  
昨日より体調が優れないと言っていた高齢の知人を訪問した。  知人は朝からバス停まで歩き、帰宅時もバス亭から我が家まで10分位歩いていた。  朝の太陽のぎらぎらの時歩いて行き、帰宅時もバス亭で待つこと30分、バスの中20分、バス亭からコンクリートの地熱暑い道を歩いて帰っていた。   なぜタクシーを使わないのか??   怪我で戦っているご主人を思うとタクシーに乗れない・・・知人の言葉であった。  ガマンも大事だが熱中症になるともっと困るから、と話をすると抵抗なく明日から自分の体と相談しながらタクシーを使いますと話された。  高齢の知人、自分の体いじめず大事にして下さい。。知人の手を握り締めながら接する時間もう少し多くしますね・・・心の言葉が出た。
8月になってゆっくりした日曜日は久しぶりだった。   朝からのゆるり時間がとても嬉しいし、一日の行動にも余裕が出来た。  仕事を済ませ病人を二人見舞い、段々快方に向かう知人にも笑顔が見え始めた。
めまぐるしく過ぎていく8月、色々と勉強になった8月、自分と向き合った8月でもあった。  8月にひとつ年を重ね、友達にも幸せが訪れ一心に過ごしたように思う。。  人として見える価値、見えない価値も感じた。   過ぎた時間は思い出作り、苦も楽も楽しい思い出となった。  自分に褒美を考えようかな・・・
夏まつりも終わり、朝夕は少しづつ涼しさが感じられるようだ。 日中の暑さは、苦しい暑さに匹敵するが朝方は気分良く仕事に行くことが出来た。   後、一週間で夏休みも終わりになる。  暑くて長かった夏、夜の過ごしやすさも手伝って今夜はゆっくり晩酌気分だ。  今夜は、沢山の話をつまみにしながら二人で飲み会だ・・・
連日の地蔵まつりが始まった。  今日のイベントも目白押し、パレードや宇土市民総踊りがありステージ上でもアトラクションがあり祭りを盛り上げていた。  どこから集まるのか人、人、人の波に押されながら歩く、歩く。  あちこちの夜店は、子供たちが群がり賑わいを一層楽しんでいた。  片手に飲み物、片手におみやげと夏の思い出つくりが感じられた。  市民総参加の宇土地蔵祭りが今夜も遅くまで開催されている。  
地蔵まつり当日となり朝から忙しい一日となる。 町内は、あちこちに夜店の準備が始められた。  県内3大祭りの大イベントが市をあげて開催されるのだ。  作り物も各町内から最後の仕上げでオープンされた。  私の店にも沢山の知人が来て祭りを楽しんだ。 3000発の花火もあがり夏まつりの初日が終わった。
最近、高校の同級生がたびたび訪れるようになった。  特別な用件の話もなく何度となく世間話をしていた。 何だろう・・・と思っていた矢先健康食品のビジネスをしているので協力してもらいたい、と話をされた。  普通の主婦だった同級生が何かを興そうとしているのだ。 色々話を聞いていくうちにビジネスの表面だけを見てその気になったのかな???そんな風に感じられた。 色々なタイプのビジネスに挑戦する同級生。。  主婦だった同級生、周りの信頼を集め人脈を築いて成功して欲しいと思う。  今後の飛躍を期待したい・・・  
街は、お祭りの準備に追われている。  あちこちで、造り物が公開され通行人の目に留まっている。  私のいる3丁目でも毎晩集まって人の手で作品が出来上がっていくのだ。  人と人のコミニュケーションが出来て行くのが楽しい。。 祭りを盛り上げる町内の人、子供たちに伝統や歴史が伝えられる。  夏祭りは、元気を一杯もらう行事である。 祭りまであと二日、最後の追い込みに拍車がかかる。 
23・24日がもうすぐ目の前・・・
20070820192257
昨日誕生日に頂いたり花です。 花の名前は、まだ解らないけれど肉厚のハート型の葉っぱがとても可愛いし、真紅のハート型の花が言葉に表せない位可愛さを表現している。 じっと机の上で花の美しさを放している。   こっちからあっちから・・・と方向変換して楽しんでいる。  優しい言葉をかけると花は、ゆれて返事をしているようにみえる。  正面からじっと向き合い今日も会話したように感じる。  花は大事な生き物、優しく育てたいなぁ。。
縁あって友達の手から運ばれてきた花だから・・・
今日は、50才+アルファの誕生日だった。 年に一度の嬉しい日なのだ。
遠方の友達よりお祝いのお花のプレゼントを頂き同級生からも心あたたまるプレゼントを頂いた。  また、友達ご夫婦と一緒にお祝いの祝宴をした。 友達は、明日が誕生日、嬉しい、うれしい祝宴だった。  
思うと感慨深いものがこみ上げる・・・昨年の夏、ジャストスクールで偶然の出会いからの一年だ。  それから一年、沢山の出会いがありいまでは、親友と呼べる友達も出来た。  人の出会い、心から感謝である。  何でも話せる友達、 喜び会える友達、 素晴らしい友達に恵まれたこと心から感謝したいと思う。。。縁、 縁、 感激の一日にありがとう・・・
 
早朝より3軒の病院回りの日だった。  別件の事故で入院されている人、済生会病院のおみ舞いから始まり現在入院中の山口病院、 歯が事故で折れてしまったので今日から歯医者さんへと急行した。  痛々しい姿から段々と気持ちの整理が出来つつある知人、お手伝いする私も嬉しく思えた。 後遺症の心配もあるが早く元気になり働きたい・・・と強い希望を持ちリハビリを始められた。  70歳と高齢の心配をする私にもう一度思い切り仕事をしたいのだと切に話される言葉に胸が打たれた。  生きる使命感、強い心、大怪我された人の言葉だ。  ハードな一週間が終わり、気分転換に粘度いじりでもしようかなぁ・・・と気分になった。
今年も夏の3大祭りのひとつである、「宇土市の地蔵まつり」が一週間後に控えている。  8月23・24日の両日に盛大に行われ、各町内では準備が始まった。  各町内の作り物は皆で手伝いをし、大物を作り上げていく。  一致団結の心のつながり、高齢者から若者まで応援協力で出来上がるのだ。  町内も一週間はまつりムードで盛り上がり賑わいが感じられる。  楽しみな夏のイベントがもう直ぐ始まる・・・
昨日を境に心が軽くなった。  お盆で2日間仕事を休み、主人のご先祖様の墓参り、私の実家の墓参りを済ませた。  ご先祖様のご加護なのか不思議と楽になったように感じる。 8月に入り身近な人の交通事故が2件発生した。 毎日看護に 明け暮れ今出来ること精一杯お手伝いをした。  お盆になりご先祖様の墓参りや身近な親戚、兄弟の応援もあり不思議な力が倍増したようだ。  二人の怪我も快方に向かい、嬉しい気持ちで一杯になった。 
久しぶりに良い事が押し寄せた一日だった。  最近は、私の回りに不運が多く心痛めていたが今日の良き日は、素晴らしい一日になった。  幸せをつかんだ友達や健康回復した知人、良い知らせを沢山受けることが出来た。  心が解りあえること、 愛を感じること、 数々の幸運が感じられた一日だった。  何気ない毎日、精一杯明るく努めたいと思う日だった。 回りの人たちに感謝・・・
今月の2日から看護のお手伝いをしていた知人が快方に向かっている。
毎日、お見舞いに行っていた済生会病院から転院の許可が出た。   高齢の奥様は、病院に泊まりこみ看病されていたので今日の結果に胸をなでおろされた。  自宅からバスで通えることで奥様の負担も少しは楽になるようだ。  全快まではかなりの時間がかかると思うがこれからも出来るだけ協力したいと思う。    
賑やかな盆になった。  遠方より従兄弟や兄弟が集まり、恒例の飲み会が始まった。  真っ黒に焼けた顔、甥っ子、姪っ子、孫たち。  元気一杯のエネルギーが飛び交う飲み会である。  年に2回の集まりを楽しみに家族が集う、 おばあちゃんの顔がほころぶ時だ。   いつまでも家族が仲良しでまた従兄弟たちのつながりに心から力強いものを感じた盆であった。 
早朝より町内一斉に美化作業が行われた。  2ヶ月に一度の割合で恒例となっている。  自宅回りをはじめとして道路、道端の草取りがメインとなっている。  各1軒から一人ずつがかまやホウキを持ち一斉に作業をするのだ。  約1時間だが道端の草が綺麗になり道行く人たちからお礼を言われた。  犬を連れ散歩される人たちや早朝散歩の人たちと朝の挨拶を交わすことでさわやか気分になった。   早朝より沢山の汗をかき一日が充実したように思う・・・
ショッピングに行くとお盆用品が山ほど積まれていた。 お供え物、飾り物、ろうそく、線香・・・どの家庭にも必要なものかも知れないけど。   お盆が近づくと子供の頃を思い出す。  お盆が好きで好きでたまらなかった事、待ち遠しくて指折り数えていた事、今でもハッキリ思い出す。  心から楽しいことは、自分の脳裏に焼きついて覚えているんだなぁと思う。  生きている上では、楽しいと思える事を沢山感じていたいと思う・・・
昨日、友人から差し入れに頂いた『桃パイ』があった。  冷蔵庫にひんやり収まっていた。  私の分は昨日ペロリと食べ、後一個従業員さんの分が残っていた。  夕方になり今日の仕事が一段落した頃、従業員さん・・・「カラダにおいしいもの食べましょうか??」  最初、は?何? 何のこと? 実は桃パイのことだった。 実は従業員さんカラダが疲れた頃に食べようと待っていたのだった。  仲良く半分ずつにして「カラダにおいしいもの」頂いた。  差し入れ頂いた友人に感謝し、又心やさしい従業員さんにも感謝かな・・・
ここ数日、ポメラニアンのわんちゃん(ヒロ君、9ヶ月)を預かっている。  朝の散歩から始まり、食事、おやつと世話が大変だ。  言葉を言わないだけに預かるほうとしては気になることが多い。 私が仕事へ出かける時、わんちゃんの目を見て真剣に話をすると理解するのかどうかわからないがじっと聞き耳を立てている。  時には、甘える声で時には頭隠して尻隠さずをしている。  ヒロ君を預かり数日になるが犬の賢さ、発見も楽しみな毎日だ。
遠方から友達の訪問があった。 初めての長距離ひとりドライブで少し心配したが近くまで道も迷わず来てくれた。  さわやかな笑顔でいつものように「こんにちわぁ・・・」、嬉しい対面だった。 久しぶりの対面だが昨日も会って話したような会話だ。 二人して楽しい予定を立てたり、気の合う友達と話が止まらない。。。  タイ料理をつつきながら美味しいコーヒーを飲みながらおしゃべりに花が咲いた。  
私は一日を振り返る時、よく心に聞くことにしている。  「一日一膳」  大好きな言葉のひとつだ。  時間に追われている時は、感じないがふと急ぎ足を留めたとき、思い浮かべる言葉である。  毎日を思うようには、過ごせないが小さなことでも人の役にたちたいと心がけている。  自分自身が身近の人に支えられ、助けられていることに感謝している。  明日も一日一膳・・・
毎日、済生会熊本病院へお見舞いに通っている。  仲良しの高齢者ご夫婦の笑顔に会いに行っているのだ。  怪我をした当日は腰を抜かしたおばあさんも今日はしっかりおじいさんの看病をしていた。  私が元気を出さないとおじいさんも元気にならないからね・・・なんて冗談も出てきた。  何気なく交わす言葉、相手を気遣う心配り、素敵なご夫婦である。  健康の素晴らしさ、ここで又幸せの実感をすることが出来た。  健康で生かされている事に感謝かな・・・
20070805193302
なつかしい友達から暑中見舞いのハガキが届いた。   なんと裏には、真っ赤に熟れたホウズキの絵が描いてあった。
   きっと昔の思い出をなつかしく感じながら描いてくれたのだろう
    久々の元気な友からの嬉しい便り・・・
青年会議所主催で「打ち水大作戦」が商店街一体でおこなわれた。  みんなの手で真夏の温度を2℃下げよう!・・・と呼びかけと共に始まった。  電力不足の心配と深刻化するヒートアイランド現象に対抗するため打ち水をしようと決まったのだ。  今日の3時半に本町通一帯で
水をまいた。  打ち水のやり方としてお風呂の残り湯、ご飯のとぎ汁、雨水、台所のすすぎ水などを昨日からバケツやペットボトルやジョロに入れて置きみんなでいっせいに打ち水をする。  わざわざ水道の水を使うことはタブー!!なのだ。  小さなことだけど皆の意識のもと気持ちもさわやかになったことと思う・・・
今週を振り返るとたのしい事一杯だったのにひとつだけ不安が残った。    読みたい本も途中で閉じたまま置きっ放しの状態になっている。 今週もあと一日明日こそは楽しめますように・・・楽あれば苦あり、だから普段の生活を大事にエンジョイしないと。。。自分も大事、人も大事、全部まとめて幸せを感じよう。  
早朝の電話に一瞬ドキリ・・・不気味さが当たる時の不安、やるせない感情が走るのを止められない。  知人が交通事故に遭ってしまったと奥様から連絡があり自宅へ向かい二人で済生会熊本病院へ急行した。
奥様の動揺と不安にかられ冷静さを失いそうになった。  集中治療室のご主人の顔を見て初めて安堵感、奥様はフラフラし涙に暮れていた。昨日、ご主人とお会いし楽しい時間を過ごしたばかりだったのに。。。明日は何が起こるかわからない・・・と痛感した一日だった。  毎日、毎日を大事に後悔しないように過ごしたいと思った。 早い回復を心から願っています。 
久しぶりに肉じゃがを作った。  小さい子供の頃から母の作った肉じゃがが大好物だった。 私が嫁いでからも時たま里帰りすると一番に作ってくれ、母の愛情を心から感じていたことを思い出した。  それに比べたら今の私は、娘に手伝ってもらっていることの方が多いかも・・
なんて考えてしまう。  確かに時代は流れ、周りが忙しくなり余裕もないようにも感じるのだ。  母から私へと色々教わったこと、また繋いでいけたらいいなぁと思う。  肉じゃがひとつに母のこと子供時代のこと懐かしく思い出した夕食だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。